補助線

ゆうき( @BASEBALLY15 )です^^

今回は,Pythonを使って『補助線』を引く方法をご紹介します.

この方法を使うと,原点以外でも,自分が指定した範囲に直線を引くことができるので便利です^^

Today’s Code

例えば,以下のグラフを見てください.

補助線なし

このグラフを見ると,増減は分かりますが,左右でy軸の範囲が異なるので,見間違える可能性があります.

そこで,今回ご紹介するコードを記述することで,以下のように,原点を通る直線を引くことが出来ます.

補助線あり

このように,補助線を引くことで,原点を基準に,どれくらい増減しているのかがはっきりします.

それでは,コードをご紹介します.

コード

###原点に線を引く###
#x軸の範囲を決めておく
xmin, xmax = 0, len(university_data)

#描写
plt.hlines(0,xmin, xmax, "blue", linestyle="dashed")

このコードについて,順番にご説明します.

  • xmin, xmax = 0, len(university_data)  → x軸の最小(min)と最大(max)を指定する.(university_dataは,今回使ったデータです.最後に,全コードを載せておきます.)
  • plt.hlines() → plt.hline()で補助線を引くことが出来ます.
  • 0 → y軸の値.0のとき原点を通る.
  • xmin, xmax → 補助線の長さを指定する.xminからxmaxまでの長さ
  • “blue” → 補助線の色
  • linestyle=”dashed” → 補助線の種類

ちなみに, linestyle=”dashed” は他にも” solid “,” dashdot “,” dotted “などがあります.

お好みで使ってみてください^^

また,今回ご紹介したグラフには,タイトルや軸ラベル名も表示されています.

これは,以下のコードを記述します.

#グラフを描写
plt.plot(university_data.index, university_data["transition college"], color="red")


#グラフのタイトル
plt.title("Increase in junior colleges")


#グラフのx軸のラベル名
plt.xlabel("Age")


#グラフのy軸のラベル名
plt.ylabel("Increase")

これで,グラフにタイトルラベル名が追加されます^^

Today’s Codeまでの流れ

今回は,前回に投稿した『Python 大学は今後増えていくのか?ポアソン分布で分析してみた!』のデータを使っています.

csvファイルをダウンロードすることができるので,分析をする際は使ってみてください.

終わりに

今回は,グラフに補助線を引く方法について,ご紹介しました.

こういった些細な改善でも,見やすいグラフを描くことが出来るので,

ぜひ,皆さんも使ってみてください^^

それでは・・・

Q &A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA