Python本

すぐに使える! 業務で実践できる! Pythonによる AI・機械学習・深層学習アプリのつくり方

プログラミングの勉強を始めたいけど,何から始めたらよいか分からないという方!

プログラミングの勉強を始めて,そろそろ,プロダクトを作成したいと考えている方!

そんな方には,是非この本がおススメです.

具体的に何が出来るのか?

近年,話題になっている『機械学習』や『データ分析』を学ぶことが出来ます.

例えば,過去の気象データから,今後の気象を予測したり,

文字を認識し,自動的に品詞に分解したり,

カメラから人の顔を認識させることが出来ます.

この本では,コードをメインに紹介されていています.

例えば,

import matplotlib.pyplot as plt
import cv2
#カスケードファイルを指定して検出器を作成
cascade_file = "haarcascade_frontalface_alt.xml"
cascade = cv2.CascadeClassifier(cascade_file)
#画像を読み込んでグレイスケールに変換する→色が明るい部分と暗い部分を認識する
img = cv2.imread("AF6DA0EA-B180-42BA-BF27-D1A77B18E36A.jpg")
img_gray = cv2.cvtColor(img,cv2.COLOR_BGR2GRAY)
#顔認識を実行
face_list = cascade.detectMultiScale(img_gray,minSize=(150,150))
#結果を確認
if len(face_list)==0:
    print("失敗")
    quit()
#認識した部分に印をつける
for (x,y,w,h) in face_list:
    print("顔の座標=",x,y,w,h)
    red = (0,0,255)
    cv2.rectangle(img,(x,y),(x+w,y+h),red,thickness = 20)
    
#画像を出力
cv2.imwrite("face-detect.png",img)
plt.imshow(cv2.cvtColor(img,cv2.COLOR_BGR2RGB))
plt.show()

このコードを書きこむと,パソコンのカメラから,人の顔を認識することが出来ます^^

これ以外にも,面白いコードが載っているので,是非,この本を購入し,

Pythonの楽しい世界を体験してみてください^^

Q &A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA