カウントダウン

ゆうき( @BASEBALLY15 )です^^

Pythonを使って,カウントダウン機能を作りたいです・・・

出来ますよ^^
実は,Pythonを使うと, 短いコードでカウントダウンを表示させることができるのです.

今回ご紹介するコードを使うと,例えば10秒間作業を止めておく,といったことができます.

Today’s Code

最初に,どのように表示されるのかを映像でご紹介したいと思います.

表示結果

このように,今回ご紹介するコードを使うと,間隔を空けて次の結果を表示させることができます.

それでは,コードを見ていきましょう^^

ライブラリ

from time import sleep

今回使うライブラリはこれのみです!

時間を扱うので『time』ライブラリを使います.

その中で,一定時間空けてから次の結果を表示させたいので,『sleep』を使います.

コード

まずは,カウントダウンを表示させるための関数を作ります.

カウントダウンを表示させるための関数をつくる

関数を作っておくと,何回も使いたいときに,コードを一行記述するだけで結果が表示されるので,関数を作っておくことをおすすめします.

#全体を関数とする
def count(max, sectime):

    #最大時間
    max_time = max

    #1秒ごと
    sec = sectime


    for i in range(max_time):

        sleep(sec)

        print("{}秒経過".format(max_time - i))

def count(max, sectime):の,max最大の時間を表し,sectime時間の間隔を表しています.

例えば,maxに10,sectimeに1を入れると,1秒ごとに10秒まで表示させる,という結果になります.

それでは,この関数を使って,結果を表示させたいと思います.

結果を表示

上で紹介した動画にもあるように,

『10秒後に「こんにちは」と表示します.』

という結果の後に,カウントダウンをおこない,10秒後に,

『こんにちは』

と表示させるコードをご紹介します.

print("10秒後に「こんにちは!」と表示します.\n")

count(10,1)

print("\nこんにちは")

10秒後に「こんにちは!」と表示します.

10秒経過

9秒経過

8秒経過

7秒経過

6秒経過

5秒経過

4秒経過

3秒経過

2秒経過

1秒経過

こんにちは

このようにcount(10, 1)の一行を書くだけで,カウントダウンを行ってくれます.

今回は,1回しか関数を呼び出していないのですが,これが仮に,

10秒後に「おはよう」と表示し,30秒後に「こんにちは」と表示し,50秒後に「こんばんは」と表示する.

という結果の場合,sleepを使った関数を作っておくと,このように,短いコードで結果を表示させることができます.

count(10,1)

print("おはよう\n")

count(30,1)

print("\nこんにちは\n")

count(50,1)

print("\nこんばんは")

終わりに

今回は,timeライブラリのsleepを使って,カウントダウンを行いました.

今後,『ニューラルネットワークを使った顔認証』の作品を投稿する予定で,

その際に,今回ご紹介したコードを使っています.

最後まで読んでいただきありがとうございます。

それでは・・・

Q &A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA