time関数を使おう

ゆうき( @BASEBALLY15 )です^^

前回に,Pythonを使って,カウントダウンを表示する方法を学びました.

それ以外に,何か出来るのですか・・・?

出来ますよ^^
今回は, 指定した時間になったときに,強制的に作業を止める方法についてご紹介します.

これを使うと,物体の検出時間によって処理を分けることが出来ます.

お願いします・・・

timeを使うことで,簡単に時間を管理できる!

time関数を使うと,例えば, 指定した時間以上,目を検出できなかった時に,

警告を出すような仕組みにすることで, 居眠り防止アプリなど作ることが出来ます.

今回ご紹介するコードを使うとこのように,指定時間になった時に,強制的に作業を止めることが出来ます.

20秒で作業を止める
(PowerPointで作成)

それでは,コードを見ていきましょう⤵

ライブラリ

今回は,時間を扱うので,『time』をインポートします.

import time

コード

おおまかに,このような流れでコードを書いていきます.

このような流れでコードを書きます!

(PowerPointで作成)

それでは,見ていきましょう^^

始まりの時間を決めよう!

まずは,始まりの時間を決めます.

start_time = time.time()

次に,繰り返し作業を行うために,while文を使います.

そして,その中で『終わりの時間 – 始まりの時間』が20秒になったときに,

終了するコードを書きます.

20秒で作業を止めよう!

while True: 
    
    end_time = time.time()
    
    #終わりの時間-始まりの時間を表示
    print(end_time-start_time)
    
    #もし,20秒以上になったら,
    if end_time - start_time >= 20:
        
        #"finish"と表示
        print("finish")
        
        break

これで,20秒経ったときに,作業を止めることが出来ます.

終わりに

今回は,time関数を使うことで,指定時間で作業を止める方法についてご紹介しました.

time関数には,他にも使い方があるので,後々,投稿していきます.

また,Pythonの勉強をする中で,疑問に感じたことやそれを解決した方法について載せていきます^^

それでは・・・

Q &A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA